さんげん先生の3つの『気』

0
    小学校時代の同窓会。
    ほぼ、30年ぶりの再会なる人も沢山な中、会えば和気あいあいとアットホームな会になりました。
    そして、熱血先生だった恩師との思い出が蘇ってきました。本当にいい先生だったな〜とみんなが思えるそんな恩師で、特に転校生だった私にとって、小学6年1組はなんだかんだと思い出深いクラスになりました。
    今の小学校教育について、ゆとり授業や少しの体罰もなし、優劣もつけない平均的な人間教育はいかがなものかと思うのですが、、、、。
    人には得意不得意がありそれぞれの個性を発揮し、いい所を伸ばしていけるような教育になればいいのになと願うばかりです。


    <さんげん先生の教育法とは>

    •みんなに3つの木をプレゼントします!それは「やる気」「根気」「元気」
    何か分かりやすいスローガンを掲げるとそれが軸となるので子どもでも理解しやすい。

    •毎日の自由勉強ノート実践
      毎日の授業の復習を図や表などを使って理解を自分なりにまとめてみる。
      この評価は各名前が書かれたグリッドの表が会社の営業成績みたいにクラスの後ろの貼られ、
    出来る人からシールを貼りランキングになります。

    •愛情溢れる体罰
      今の学校では絶対だめですが、昔はみんなよく叩かれてました。
      愛情のある体罰かどうかは子どもでも分かります。今になってみんな有り難い気持ちでいっぱい
    でした。

    •1授業、発表3回
     毎回の授業で先生の質問に対し答えや何か発言したい人は席の前で立ちます。
     それで、何人かが一斉に立つといつも発表しない人にゆずる。
     そんなやり取りでクラスで絶対自分の意見を発言しないといけなくなります。
     これについて、私は小学校時代は発言するのが苦手でしたが「自分の意見を言う」訓練に
     なりました。特に海外に出る自分の意見を言えるってとても重要です。

    •大きな声で挨拶
     挨拶をするって基本中の基本。
     最近、いい大人でも出来ない人がいるけど。

    ということで、小学校時代勉強が大の苦手だった子が、最後の最後にこの自由勉強法でがんばって今は中学校の先生だったり、近所の子達にも礼儀やしつけにうるさい町のいいおやじになってたり、みんな根っこの部分はこの教育があったからかなと思ったりしました。

    この同窓会、今の自分にとってもいろいろと生き方についても振り返ることができ良かったと思います。



    小学校時代を振り返り
    今年は「やる気」「根気」「元気」に続く、沢山の「気」を育てていこう!!

    コメント
    コメントする








       

    Profile

    田尻写真
    田尻 尚美・naomi tajiri
    VMD Planner
    Display・Visual Consultant

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM